治療法

広汎性発達障害(自閉症スペクトラム障害)のなかで、高機能(正常な知識とかなり優れた言語使用(表出言語)能力をもつ)であるものには、高機能自閉症と、アスペルガー症候群(アスペルガー障害)があります。これら二つを高機能自閉症スペクトラム障害といいます。

スポンサードリンク

「高機能自閉症スペクトラム障害」高機能自閉症とアスペルガー症候群の治療法として代表的なものは以下のものです。治療年齢、実地方法・場所、特徴、およびその長所と短所についてより詳しくは、『みんなで学ぶアスペルガー症候群と高機能自閉症』星和書店2004をご参照ください。
●応用行動分析(ABA)
●TEACCH(自閉症、および関連のコミュニケーション障害のある子どもに対する治療と教育)
●デンパー治療モデル
●社会生活技能グループ
●教育的支援
●言語コミュニケーション療法
●機能的行動分析
●薬物療法
●感覚統合療法
●個人心理療法

このうち、アメリカ合衆国で行われている「教育的支援」は、就学前から大学時代を通して行われるもので、治療の場所は学校です。環境への適応と環境の変更、および学問的目標を掲げることに特徴があります。長所は、アメリカ合衆国連邦政府の法律によって権限が与えられている小学校から高校までを通じ、学校側との交渉が可能で、個人的必要に合わせることができると言う点です。

日本ではまだ、お子さんのそれぞれの特徴やニーズに合わせて教育の場で治療を行っていく体制が十分ではないように思われます。今後、受け入れ体制の整備等が求められます。


広汎性発達障害(自閉症スペクトラム障害)のなかでも高機能自閉症と呼ばれる「アスペルガー症候群(アスペルガー障害)」や「高機能自閉症」に対する治療法は現在、ますます進化しつつあります。
学校という公的な場で行う「教育的支援」とは対照的にあらゆる年齢層を通して個人的に、また家庭を中心として主にご両親が行うことになるのが、「薬物療法」です。
●薬物慮法
児童精神科医もしくは神経科医などの医師によって処方され、ご両親が家庭でそれをお子さんに与えることになります。お子さんの行動に影響していると思われる脳の化学物質の量を薬によって変更するというものです。ただし、注意または活動量の問題、うつ症状、不安、怒りには有効かもしれませんが、自閉症の核心的症状はこれによって解決されるわけではありません。

その他「個人心理療法」もあります。
●個人心理療法
青年期、成人期を対象に行います。心理療法士の診察室で行いますが、コミュニティへの「出向」を伴うことが予想されます。気分と情緒的状態の詳しい解明を行うのが特徴で、自分に対する自覚を高め、自己を受け入れられるようにします。
この治療法は、洞察力の優れた方に最も適しています。ただし、グループ状況への一般化には無理があるかもしれません。できる限り指導的で、具体的であることが求められます。

集団の場で行う治療法と個人的な治療法にはそれぞれ一長一短があります。そこで両者を組み合わせた治療法も次々と開発されつつあります。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

アスペルガー症候群に関する参考書
「アスペルガー症候群」「アスペルガー障害」あるいは「高機能自閉症」という言葉を最......
子どもの精神疾患
大人の精神疾患の診断も非常に困難ですが、それ以上に困難を極めるのが、子どもの精神......
治療法
広汎性発達障害(自閉症スペクトラム障害)のなかで、高機能(正常な知識とかなり優れ......
応用行動分析(ABA)
広汎性発達障害(自閉症スペクトラム障害)のうち高機能自閉症スペクトラム障害(アス......
教室での工夫
アスペルガー症候群(アスペルガー障害)や高機能自閉症があるお子さんたちの教育に成......
治療プログラムの見つけ方
どうしたら「みなさんのお子さんにとって」適切な治療プログラムを見つけることができ......
告知と自立
お子さんがキャンプやスポーツクラブに参加するとき、ご両親は、お子さんがアスペルガ......
ICO-10
世界中で用いられている診断基準には、アメリカ精神医学会による『精神疾患の分類と診......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

アスペルガーの特徴について:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://asperger.thanks08.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。