子どもの精神疾患

大人の精神疾患の診断も非常に困難ですが、それ以上に困難を極めるのが、子どもの精神疾患、特に発達障害です。

スポンサードリンク

アメリカ精神医学会の『精神疾患の分類と診断の手引き』DSM-4では、「精神遅滞」「学習障害」「運動能力障害」「コミュニケーション障害」などと並び、「公汎性発達障害(自閉症スペクトラム障害と同義で用いられます)」という大分類を設け、そのなかの下位分類として、1.「自閉性障害(自閉症と同義)」、2.「アスペルガー障害(アスペルガー症候群と同義)」、3.「レット障害」、4.「小児期崩壊性障害」、5.「特定不能の公汎性発達障害」を設けています。
このうち、「自閉性障害(自閉症)」は、「公汎性発達障害(自閉症スペクトラム障害)」のなかで最も典型的なものですが、その症状や程度には幅があることから、特に高機能をもつものは「高機能自閉症」と呼ばれます。
「高機能自閉症」と「アスペルガー障害(アスペルガー症候群)」とを合わせて、「高機能自閉症スペクトラム障害」と呼びます。自閉症スペクトラム障害(公汎性発達障害)があるお子さんたちのうち、3分の2から4分の3は、「高機能」、つまり正常な知識とかなり優れた言語使用(表出言語)能力をもつお子さんたちです。
彼らは、ある特定の事柄にこだわりをもち、そのこだわった事柄については「学者並み」の知識と記憶力をもつことがあります。したがって、学校で通常学級に包含するのにはまったく問題ないとはいわないまでも、始から不可能であると締め出してしまうことに現在、疑問の声があがっています。


子どもの精神疾患は、まだ診断の歴史が浅いことと、そもそもお子さんの場合、成長期にあることから症状に変化があり、診断が不完全であったり、変化したり、あるいは誤診される可能性さえ少なくありません。

関連、類似性がある診断とその特徴参照『みんなで学ぶアスペルガー症候群と高機能自閉症』星和書店2004
●注意欠陥/多動性障害1.不注意2.多動性3.衝動性
●聴覚障害/人の話に耳を傾けない
1.多重周波の音に対する聴覚能力の低下、もしくは完全な障害
2.年齢、教育、および知能から考えても予想外の読字、書字、計算の困難。
●精神遅滞
1.知能指数が70未満
2.日常生活の活動(例:食事、着替え、排便、人とのコミュニケーション、労働、遊び)を年齢相応に、人に頼らずにすることができない。
●非言語性学習障害
1.算数能力がIQを著しく下回る。
2.非言語性IQが言語性IQを著しく下回る。
3.空間処理(パズル、地図)に関する困難性
4.幼稚な字
5.動作のまとまりの悪さ、ぎこちなさ。
●強迫性障害
1.持続性、反復的な思想、行動、または儀式的行為
2.ある行動を実行できないと極度に不安になる
3.それが無意味な行動であることを理解している。
●反抗挑戦性障害
1.否定的、非友好的、挑戦的もしくは権威者に対する反抗的態度
●反応性愛着障害
1.社会的関わりが顕著に妨げられている。
2.著しい虐待または無視
●ジゾイドパーソナリティ障害
1.社会的関係にほとんど興味がない
2.無表情もしくは感情的に強い反応が乏しい

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

アスペルガー症候群に関する参考書
「アスペルガー症候群」「アスペルガー障害」あるいは「高機能自閉症」という言葉を最......
子どもの精神疾患
大人の精神疾患の診断も非常に困難ですが、それ以上に困難を極めるのが、子どもの精神......
治療法
広汎性発達障害(自閉症スペクトラム障害)のなかで、高機能(正常な知識とかなり優れ......
応用行動分析(ABA)
広汎性発達障害(自閉症スペクトラム障害)のうち高機能自閉症スペクトラム障害(アス......
教室での工夫
アスペルガー症候群(アスペルガー障害)や高機能自閉症があるお子さんたちの教育に成......
治療プログラムの見つけ方
どうしたら「みなさんのお子さんにとって」適切な治療プログラムを見つけることができ......
告知と自立
お子さんがキャンプやスポーツクラブに参加するとき、ご両親は、お子さんがアスペルガ......
ICO-10
世界中で用いられている診断基準には、アメリカ精神医学会による『精神疾患の分類と診......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

アスペルガーの特徴について:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://asperger.thanks08.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。