アスペルガー症候群に関する参考書

「アスペルガー症候群」「アスペルガー障害」あるいは「高機能自閉症」という言葉を最近、よく耳にするようになりましたが、はたしてそれらがどのようなものなのか、またこれらの間にどういった違いがあるのかについて、正確に理解している人はおそらく少ないのではないかと思います。

スポンサードリンク

まずは現在の日本において参考となる書籍を紹介します。
1.アスペルガー症候群と高機能自閉症に関する全般的な参考書
●『アスペルガー症候群と高機能自閉症』星和書店2004
●『ガイドブック・アスペルガー症候群・・・親と専門家のために』東京書籍1999
●『自閉症とアスペルガー症候群』東京書籍1996

2.養育、家族のための参考書
●『自閉症児の「きょうだい」のために』ナカニシヤ出版2003
●『高機能自閉症・アスペルガー症候群入門 正しい理解と対応のために』中央法規2002
●『高機能自閉症・アスペルガー症候群「その子らしさ」を生かす子育て』中央法規2003

3.教育の問題についての参考書
●『親と先生のための自閉症講座・・・通常の学校で勉強するために』ナカニシヤ出版2000
●『すぐに役立つ自閉症児の特別支援Q&Aマニュアル・・・通常の学級の先生方のために』東京書籍2004

4.社会技能訓練および社会的介入に関する参考書
●『自閉症の人のライフサポート TEACCHプログラムに学ぶ』福村出版2001
●『困った子どもとのかかわり方 行動分析による新しい保育・教育』川島書店2000

[参照:『アスペルガー症候群と高機能自閉症』星和書店]


アスペルガー症候群をもつ人たちは、自分の障害を周囲が理解していないがために多くの苦しみを負うことになる場合がよくあります。彼らの障害の特徴を理解するために、彼ら自身が筆を執るようになってきています。アスペルガー症候群をもつ人の自伝を読むことが、障害の特徴を理解する最も適切な手段となるのではないでしょうか?
以下にアスペルガー症候群や自閉症をもつ人たちによる自伝を幾つかご紹介します。

●『地球生まれの異星人自閉症者として、日本に生きる』花風社2003
●『アスペルガー的人生』東京書籍2002
●『自閉症だったわたしへ』新潮社1993
●『こころという名の贈り物続・自閉症だったわたしへ』新潮社1996
●『ドナの結婚自閉症だったわたしへ』新潮社2002
●『ずっと「普通」になりたかった』花風社2000
●『もう闇のなかにはいたくない 自閉症と闘う少年の日記』草思社1999
●『他の誰かになりたかった 多重人格から目覚めた自閉の少女の手記』花風社2004
●『ぼくのアスペルガー症候群 もっと知ってよ。ぼくらのことを』東京書籍2001
●『ぼくとクマと自閉症の仲間たち』花風社2003
●『変光星自閉症の少女に見えていた世界』花風社2004
●『平行線ある自閉症者の青年期の回想』ブレーン出版2002

また、アスペルガー症候群をもつ人たち、およびそのような人のご家族の方々のために、その行動と感覚の問題への対処法を述べた書籍もあります。
●『アスペルガー症候群と感覚敏感性への対処法』東京書籍2004

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

アスペルガー症候群に関する参考書
「アスペルガー症候群」「アスペルガー障害」あるいは「高機能自閉症」という言葉を最......
子どもの精神疾患
大人の精神疾患の診断も非常に困難ですが、それ以上に困難を極めるのが、子どもの精神......
治療法
広汎性発達障害(自閉症スペクトラム障害)のなかで、高機能(正常な知識とかなり優れ......
応用行動分析(ABA)
広汎性発達障害(自閉症スペクトラム障害)のうち高機能自閉症スペクトラム障害(アス......
教室での工夫
アスペルガー症候群(アスペルガー障害)や高機能自閉症があるお子さんたちの教育に成......
治療プログラムの見つけ方
どうしたら「みなさんのお子さんにとって」適切な治療プログラムを見つけることができ......
告知と自立
お子さんがキャンプやスポーツクラブに参加するとき、ご両親は、お子さんがアスペルガ......
ICO-10
世界中で用いられている診断基準には、アメリカ精神医学会による『精神疾患の分類と診......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

アスペルガーの特徴について:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://asperger.thanks08.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。